Curtain Braqunie

0
    先日Braqunieの生地で表地とコットン裏地(Lining)の間に
    Interlining インターライニング(綿)を入れたカーテンを
    製作しました。



    Braqunie B7566はシルク100%の見事な刺繍の生地です。



    ヨーロッパの気候と違って日本は湿気があるため
    Silkなど天然素材の生地は伸縮が大きいです。
    以前シルク一枚仕立てで納めたカーテンは
    1.2か月で10cmも縮んでしまったことがありました。
    インターライニング(綿)を表地と裏地の間に入れることに
    より見た目の美しさ、防寒はもちろん、生地の伸縮を防ぐ
    効果があります。



    今までのインターライニングは厚手のものが主流でしたが
    最近では各生地メーカー薄手のものも多く扱っています。

    デザインはボリュームのあるGoblet Headingにしました。

    カーテン生地:B7566 RAMIBOUILLET-Broderie
    http://www.pierrefrey.com/uk/produit/tissus/3725-B7566001-broderie_rambouillet.htm





    共布タイバックは イギリスのバックラムという
    麻素材の芯地にインターライニングを両サイドに
    入れて作る イギリスの古くから伝わる作り方です。





    これからも多くのお客様にお作りしたいです。

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック